物販アフィリエイト(その2) 売れないキーワードとは…
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物販アフィリエイト(その2) 売れないキーワードとは…

前回の記事では、

物販アフィリエイトする際、
キーワードを先に決めたらダメですよって話をさせて頂きました。

それが絶対に正解と言い切れるモノではないですけど、
基本は、そうだと思っておいて大丈夫かと…^^


で…、


そのキーワードですけど、

「メインキーワード + サブキーワード」

このような複合キーワードで、
ブログアフィリエイトしないとダメですョ…ってよく言われていますよね。

確かにそうだと思います…^^


で…、


メインキーワードを打ち込むと、
サブキーワードを羅列してくれる便利なツールやサイトがありますよね。

それらで集めたサブキーワードを使って、

ブログの中に、
複合キーワードを散りばめて、

アフィリエイトしてる人は多いかと思うんですけど、
多分それだけじゃ商品は売れないですョ…^^;



それで売れているなら、
ここから先の私の話はスルーしてもらった方がいいんですけど…^^


で…、


話を戻しますけど、

例えば、

あなたは「お米」をネットで売ろうとしたとしますよね。

ブログには、
「お米」に関する複合キーワードを散りばめながら、

・お米の歴史
・お米の特徴
・おいしいお米の産地

これらに関する記事を書いたとします。

複合キーワードを散りばめてますから、
当然、そのキーワードで検索した人はブログに訪問してくると思います。


だけど…、


「お米の歴史」を知りたい人は、
そのブログに訪問してきますけど、

その人って、
ネットで「お米」を買おうと思ってる人でしょうか…?

「お米とは」で検索してきた人は、
そのブログに訪問してくるかとは思いますけど、

その人って、
ネットで「お米」を買おうと思ってる人でしょうか…?

「おいしいお米の産地」を知りたい人は、
そのブログに訪問してきますけど、

その人って、
ネットで「お米」を買おうと思ってる人でしょうか…?

複合キーワードを散りばめて、
闇雲にアクセス数を増やしたって、

ネットで「お米」を買おうなんて、
全く考えていない人ばかりが訪問するブログでは、

情報収集のために記事を読まれるだけで、
おそらく「お米」は売れないと思いますよ…^^;



ブログで「お米」を売りたいなら、

なぜ、ネットユーザーが、
ネットで「お米」を買おうと思うのかを考えないと…^^;

客の背景となる部分を
あなたがしっかりとイメージできてないと売れないですョ…。


背景というのは…、


例えば…、

------------------------------------------------------
お米屋さんへ「お米」を買いに行って、
重たい思いをしてまで持って帰るのはイヤだ…。

だから…、

ネットで「お米」を注文して、
家まで配達してもらおうっと…^^
------------------------------------------------------

今日も例えが強引ですけど、
こういうのが背景です。

こういう背景を想像して、
その人が訪問してくるブログを作らないといけないんです。


だから…、


ネットで「お米」を買うつもりのない人が、
ブログに100人来たって意味ないですよ。


それよりは、


ネットで「お米」を買う可能性のある人が、
10人来るブログの方が売れる可能性は格段に高いです…^^


という訳で、


物販アフィリエイトをする場合、
アクセス数ばかり気にしてても、

この辺のことをしっかり考えないと、
なかなか売れないと思いますョ…^^;






----------------------------------------------
新世紀ブログアフィリエイト トップページへ
----------------------------------------------

私にメールをして下さる場合は、
下記のアドレスからお願い致します。

メール 冨田へのメール送信先 → sinseiki@infodize.com

コメント

ともかくアクセスが増えればよいという考え方で複合キーワードを使っても売れませんね!

ユーザの立場にたった見方をすることが大切ですね。

また、ブログを拝見して参考にさせていただます。

応援ポチッ♪しておきますね!

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

Research ArtisanResearch Artisan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。