アドセンスのブラックリストとプレミアムサービス
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドセンスのブラックリストとプレミアムサービス

今日は、2回目の更新です…^^



ブログでアフィリエイトしている人で、
アドセンスもしている人は多いですよね。

アドセンスは稼ぎ易いとか言われますが、
チョットの報酬を得るのは簡単なんですけど、

ある程度以上の報酬を継続して得るのは、
かなり大変ですよね。

例えば、1日数百円程度なら、
結構簡単に稼げますけど、

1日数千円以上になると、
一気に難易度が高くなります。

難易度が高くなるというよりは、
一人でいくつものブログを運営するのは大変なので、

数をこなせばいいと分かっていても、
なかなか出来ないんですよねぇ~。

あと…、

アドセンス広告を設置しているブログを
地道に育てるという考えを持っていないと、

アドセンスで、
ある程度以上の報酬を得ることは出来ません。

ブログを放ったらかしで…、
なんてあまい考えでは稼げないです。

瞬間的には稼げても、
その売上げは継続しないかと…^^;

あと…、

クリック単価の高いキーワードですけど、
ビックリするようなクリック単価の高いキーワードなんて、

誰も教えてくれませんし、
たぶん、そんなモノは無いですよ。

あったとしても、
そんなキーワードを探し出すのは至難の技なので、

そんなキーワードを探し続ける時間があるなら、

あなたが既に知っているお宝キーワードで、
アドセンス用のブログを新しく作った方がいいかと…^^;


でも…、


やっぱり…


アドセンス広告のクリック単価は知りたいですよねぇ~。


全てのアドセンス広告のクリック単価が無理だとしても、

クリック単価の高いキーワードか、
クリック単価の低いキーワードだけでも教えて欲しいですよね。

そこで強い味方(?)になってくれるかも知れないのが、
ブラックリスト日本版と呼ばれるモノです。

アドセンスでいうブラックリストとは、
クリック単価の低いアドセンス広告のURLリストの事です。

このブラックリストに載っているサイトを表示しないように、

フィルタリングしておけば、
少しでも単価の高いアドセンス広告が表示されるという訳です。

でも、このブラックリストが、

本当に正しいかどうかは分からないので、
間違っていた場合は損するかも知れませんけど…^^;

私は、試しに3ヶ月ほど、
ブラックリストを設定してた事があるんですが、

毎月グーグルから、
設定を元に戻した方がいいですよってアドバイス(?)を頂いてました…^^;

(決して、警告ではありませんから…^^;)

ちなみに、

そのブラックリスト集は、こちらで入手できます。

http://www.webpersons.info/adsbl/ ( ← 直リンク )

もちろん無料ですよ…^^

(他にもアドセンスに関する便利なサイトやツールの紹介もあります)



で、少し話しは変わりますが、



アドセンスって、
大規模サイト(月間1000万ページビュー以上)なんかには、

一般向けとは違うサービスで、

「プレミアムサービス」

というモノを用意してるらしいですよ。



月間1000万ページビューなんて、
私には関係ない話なので、

プレミアムサービスがどんなモノか
詳しく調べた事はないんですけど、

朝日新聞のサイトなんかは、
プレミアムサービス適用サイトらしいですョ。

(朝日新聞のサイト → http://www.asahi.com/

普通、アドセンス広告をクリックすると、

同ウインドウ内でリンク先へ飛ぶんですが、
ここは、別ウインドウで開いちゃってますから…^^;

この朝日新聞のサイトは、

プレミアムサービスを適用されてるだけあって、
PageRankも8になってますね…。



こんな話…、



アフィリエイトには何の役にも立たないですけど、

もし良ければ、
あなたの「うんちく集」にでも入れといて下さい…^^;




----------------------------------------------
新世紀ブログアフィリエイト トップページへ
----------------------------------------------

私にメールをして下さる場合は、
下記のアドレスからお願い致します。

メール 冨田へのメール送信先 → sinseiki@infodize.com

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

Research ArtisanResearch Artisan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。