相互リンク依頼のスパムを発見しました
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相互リンク依頼のスパムを発見しました

私の運営しているサイトの中で、
作成途中で何ヶ月も放ったらかしにしているサイトがあります…^^;

そのサイトには、
私のメールアドレスを記載していたので、

最近…、

相互リンクをしませんか…?
というメールがよく来るようになりました。



その放ったらかしのサイトは、
1日の訪問者数は、ほぼゼロです。

ほとんどコンテンツもないまま、
放ったらかしにしてますから…^^;



そんなサイトに、
相互リンクを張りましょうと言うのですから、

ツールを使ってサイトを見つけては、
自動でメールを送信させてきてるんでしょうね。

ツールを使ってるのではないか?
と思う理由は他にもあるんですョ…。

次から次に来る相互リンク依頼のメールの文面が、
どのメールもほとんど同じなんです…^^;



で…、



相互依頼をしてきた相手のサイトを見てみると、
なんと、1ページに1000以上のリンクが貼ってありました…^^;

検索エンジンは、
多すぎる発リンクを嫌います。


発リンクというのは、
サイトに設置したリンクのことなんですけどね。


グーグルは、
1ページの発リンクは100までにして、

100以上になる場合は、
分割するように勧めています。

検索エンジンが嫌うという事は、

場合によっては、
サイトの評価が下がるかも知れませんよね。

(このような場合、低評価になると言い切る人もいますが…)

もし、サイトの評価が下がるなら、

1000以上もリンクを設置して、
低評価となったサイトからリンクを張られると、

私のサイトの評価も必然的に下がる事になりますから、
そんなサイトからリンクを張られると迷惑なんですよね…^^;



検索エンジンは、

被リンクの数を評価するだけでなく、
被リンクの質も評価しますから…^^;

被リンクの質というのは、

私のサイトに向けて、
リンクを張ってきたサイトの質という事です。



で…、



相互依頼をしてくる人は、
先にリンクを設置してから依頼してくるので、

既に、私のサイトは評価が下がっているかも知れません。


これって非常に迷惑なので、
放ったらかしにしていたサイトとはいえ、

独自ドメインを使ったサイトなので、

私が買ったドメイン自体が、
低評価を下されてもイヤなので、

相互リンクをメールで依頼してきた相手に、

リンクを外すようにと、
かなり丁寧な言葉で返信しました。



でも…、



何の音沙汰もなく、
リンクも外してくれません。

相手から来たメールは、
ヤフーのフリーメールでしたから、

私から送ったメールなんて、
読んでないんでしょうね。

無差別な相互リンク依頼をするツールを使った人達は、

相互リンクは相手も喜ぶモノ…、
と思っているのかも知れませんが、

そんなことはありませんからね。



仮りに…、



私の発リンクの解釈が間違っていたとしても、

一方的なことをしてくる人に対して、
良い感情を持たない人がいてもおかしくはないですよね。



それから…、



多くの情報商材は、
相互リンクの依頼をするときは、

相互リンク依頼のメールを送る前に、

相手のサイトのURLを
自分のサイトに先に設置しておいて、

それから依頼するように…、
と教えていますよね。

でも…、

質の悪いサイトにリンクを貼って、
相互リンクの依頼を申し込まれても、

質の悪いサイトからの被リンクは、
評価を下げるというSEOの知識は一般的になってますので、

依頼してきた相手のサイトを確認してからでないと、
相互リンクの依頼を受けない人は増えてきていますから、

相互リンクの依頼の仕方に関しては、
考え方を改める時期にきているのかも知れませんね。

という訳で、

相互リンクを依頼することをダメとは言いませんが、
あなたは、自分勝手なアフィリエイターにはならないで下さいね。




----------------------------------------------
新世紀ブログアフィリエイト トップページへ
----------------------------------------------

私にメールをして下さる場合は、
下記のアドレスからお願い致します。

メール 冨田へのメール送信先 → sinseiki@infodize.com

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

Research ArtisanResearch Artisan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。