物販アフィリでモノが売れるタイミング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物販アフィリでモノが売れるタイミング

私は、何回も転職しているのですが、ほとんどが営業職です。一番最初は、19才の頃にやっていた訪問販売です。商品は中学生向けの教材で、
私がメインで扱っていたのは中学2年生用の教材でした。その中学2年生用の教材は、ローンを組むとだいたい40万円くらいするんですけど、ほとんどの人がローンを組んで購入していましたね。私にとっては初めての「営業」という仕事でしたけど、これでも結構売ってたんですよ…^^

今から思えば、ほとんど仕事らしい仕事もしたことがなかったのに、よく営業なんて出来たなぁと思うのですが、何も知らなかったからこそ、逆にソレが良かったんでしょうね。

何も知らないので、先輩が教えてくれることを素直にそのまま実行するしかなかったですから…。今、同じことをやれと言われても、あれこれ考えてしまって、とてもじゃないですけど出来ないッス…^^;

で、営業をしていて、特に「訪問販売」をしていてい感じたのは、モノを売るには、「モノを売るタイミングが大事」ということです。

例えば、客と会って、たった5分程度しか話していなかったとしても、その5分で客が欲しくて欲しくてたまらなくなっていたなら、その瞬間に契約書を出してサインをさせれば売れます…^^ 客が最高に欲しがっているのであれば、会ってからの時間なんて関係なく売れてしまいます…^^ 

逆に、その最高に欲しがっている瞬間を逃せば、あとは客のテンションは下がる一方なので、客の頭の中は冷静になっていき、どれだけ契約書にサインさせようと頑張って営業しても、「主人と相談しますから…」みたいな断り文句で逃げられてしまいます…^^; 例え話しなので、5分というのはチョット極端過ぎましたけど…^^;

という訳で…、

アフィリエイトも同じだと思うのですが、カンタンに報酬を上げようと思うなら「最高に欲しがっている人」をサイトに集めればいいということになります。買う気マンマンの人には、中途半端な説明なんて必要なくて、どこをクリックすれば購入できるのかを教えてあげるだけで売れます。あくまで、最高に買う気マンマンの人の場合ですけどね…^^

しかし、サイトに訪問してくる人と話が出来る訳じゃないので、最高に欲しがってるかどうかなんて分からない…と思う人もいるかと思いますが、サイトでアフィリエイトする場合は、どんな人がサイトに訪問しているのか分からないようでは成果はでません。

どんな人がサイトにくるのか分からない…ではなく、どんな人をサイトに呼び込んでいるのか…という視点が必要です。

という訳で…、

買う気マンマンの人を呼び込むためのサイト作りをしているのであれば、サイトの一番上の目立つところに「購入はこちら→」みたいなバナーなどを設置しておけばいいと思うんです。

逆に、まだまだ「買う気マンマン」までいかないけど、その商品に興味は持っているという人を集めるサイト作りをしているなら、その商品の良さやライバル商品との違いなどを明確にして、購入を迷っているサイト訪問者の背中を押してあげるコンテンツを入れ込めばいいということになります。

その辺の細かいテクニックについては、ブログでは書ききれないですけど、どのような人を対象にしているのかが明確になっていないと、いくらキレイなサイトを作ったとしても、サイト訪問者のニーズに合っていないサイトはビックリするくらい売れないですよ。まぁ、チョットくらい売れるかも知れませんけど…^^

という訳で…、

適当にサイトを作り始めるんじゃなく、サイトを作る前に、どのような人をターゲットにしたサイトを作るのかを明確にしておかないといけません。だから、最初にあれこれ考えるのは大変ですけど、最初のサイト設計はしっかりやって下さいね…^^

サイト設計をちゃんとやるには、キーワードツールで拾ってきたキーワードや頭の中で思い付いたキーワードを上手く使いこなさないと、ピント外れのサイトが出来上がってしまいます。その辺りのことは、既にいくつもの情報商材を買っているあなたなら知っているハズです。

もし、その辺りのことを忘れてしまったなら情報商材を読み直して下さいね。ちゃんと書いてあるハズですから…。物販アフィリエイトする上で、一番大切なところですから、そこをいい加減にしてしまわないように注意して下さいね。

一生懸命SEOを頑張って、検索されたときに上位表示されても、ピントがズレたサイトは売れないですョ。作った本人は売れてくれそうな気はするんですど、これが見事に売れてくれないんですよねぇ~^^;




追伸
19才の頃からやっていた訪問販売ですけど、いきなり家に訪問して営業をする訳ですから、ホント色んなことがありましたョ。例えば、ヤ●ザ屋さんの家に訪問してしまったとき、奥さんを怒らせてしまって、奥から日本刀を持った旦那が出てきて追いかけまわされたりとか…^^; 今では、いい(?)思い出ですね…^^




コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

Research ArtisanResearch Artisan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。